CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 鴨音の現在と、なかじんの移転と… | main | お知らせ (10月のメニュー改訂に向けて) >>
お知らせ 2013年 9月
 9月に入りましたね。

最近まで、水面下で調査していた新店舗の候補地ですが、
今度もまた、そこに移転するのは難しそうです…。






「鴨音」、「なかじん」
今後の お店のあり方について考えています。
新しい店舗自体、もっと早く決まると思っていたのですが、
こんなに難航するとは思いもよりませんでした。


とても中途半端な形の営業を続けていて、お客樣方には
たいへんご迷惑をお掛けしている事を お詫び申し上げます。
「小豆家うさぎ亭」と「なかじん」の同居時代を繰り返して
いるだけの気がしています。


どうしたらお客様に喜んでいただけるか?
どうしたらお客様にご迷惑をお掛けせずに済むか?
寝ても覚めても そんな事ばかり考えていて、ブレる自分の
心の弱さに嫌気がさします。


なんだか現在は「絵に描いた餅」を喰らう算段ばかりしていて、
足下がふらついているなぁ…と感じています。







おかげ様で 鴨音もなかじんも忙しくさせていただいております。
特に鴨音は、ここのところ ボクとシゲちゃんの二人ではとても
間に合わなくなり、スタッフも増えました。
営業時間も短くなってしまったり(断腸の思いでしたが)と、
計画が甘かった事について、反省しきりです。








「どうしたらいいのだろう?」
皆で話し合って、あるひとつの結論にたどり着こうとしています。




・「鴨音」は忙しく、これからもっと忙しくなっていくであろう事。
・いま、新しい店が決まって、人員が別れたらその忙しさに対応できない。
・天ぷらを希望されているお客様が今でも圧倒的に多いこと。
・新店舗が決まっても、念願であった年内の移転がほぼ絶望的である事。
・「割烹なかじん」は、あるひとつの完成されたスタイルを持っていたこと。




結局いつも ここにたどり着くのですが、

「お料理と麺の融合」

これが一番自分たちに合っていて、お客様にも喜ばれるようです。





・鴨音が忙しすぎて、お問い合わせや ご予約のお電話、飛び込みのお客様にも対応せねばならず、スタッフが要ること。
・気持ちに余裕を持てなくなり、いち日が終わるととても疲弊すること。(それはスタッフも同じ)
・ある「理由」があり、今年の頭には移転したかったのですが、結局それは適わず、焦る必要がなくなってしまったこと。


などなどの理由から、

店舗の移転は先送りにした方がいいのかな。
と思います。


もう一年以上 探し続け、移転先が決まったかのように見えてはダメになる…。

そう言った物件、これまで何軒だと思います?





見て回った物件は30軒以上。

決めて、ダメになった物件は7軒。どれも設計の段階まで行ってて決まらなかったのです。



これは 現在(いま)は移転の時期じゃないんだと思います。


なんかそんな気がしませんか?







これまで鴨音では 天ぷらをしませんでした。
それは、ボクが新店舗に移転してしまったら、残ったスタッフだけで 天ぷらまでするのはとても難しいという事がわかっていたからです。
いつ、新店舗が決まっても 天ぷらでアタフタすることが無いように、最初から鴨音では天ぷらをしない予定でした。

ですが、あまりに「天ぷら」を望むお客様の多いこと。
それに併せ「なかじんらしいお料理」も、ランチで食べたい方からたくさんお声をいただいていること。



…などなどから、

10月をメドに、以前の「割烹なかじん」のスタイルで、
「おそばも選べる」スタイルを目指したいと思います。



いまから一ヶ月かけて、じっくりと計画したいと思います。



※ 変更する点

・お昼、晩ともに要予約に戻す。
・お昼は以前の「割烹なかじん」のようなコースに戻す。
・晩のコースは「おまかせ」で、7千円、1万円から選べる(予約時)。

などです。

詳細はまた、追々このブログにアップして行きたいと思います。









なお、店名は「京都 なかじん」とする予定です。

「鴨音」の名前は9月をもって しばらくお休みします。


その理由として、
・HPのトップや、店頭に貼ってある「移転予定」をご覧になられて、混乱されるお客様が多いこと。
・「鴨音」と「なかじん」が同じ店(場所)であることがわかりにくいこと。
・またその逆で、違う場所にあると思いこんでいる方が多いこと。
・昼でも「なかじん」らしいお料理が食べたいお客様が多いこと。
・晩に飛び込みで「鴨音」のお客様が多く来られること。
・「そば」の単品をやめること。(いつか再開します)

などなど、かなりの確率でお客様にご迷惑がかかってしまっていることに起因します。


とりあえず、

「京都 なかじん」の名前でやって、将来的にそば営業が落ち着いてできそうで、移転先が決まりそうなタイミングで「鴨音」を再開したいと思います。








お客様各位には この度の移転騒動で多大なるご迷惑をお掛けしたことを
深く、深くお詫び申し上げます。












| - | 10:06 | comments(2) | - | pookmark |
コメント
いつもありがとうございます。
お返事が遅くなってごめんなさい。
いつもニコニコしている花ちゃんのニコニコパワーをいただけたようで、元気の出る思いです。
とりあえず、足下を固めたいと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願いします。
| なかじん | 2013/09/29 7:45 PM |
ご無沙汰しています。島根の花子です。
大将はじめ、皆様お疲れさまです。
どれだけ悩まれても、結局無駄になる事が多くても、
大将の事を知っているファンは、ニコニコしながら待っていますよ。
そして大将のお身体を一番に案じていますよ。
また京都に帰ったら大将のお料理が食べたいです。
その時はいつものニコニコした大将で居て下さいね。
大将のしおしおしたお顔が目に浮かんだので
つい、書き込んでしまいました。
どうぞ、どうぞ、皆様お大事に…。
| 花子 | 2013/09/11 1:33 AM |
コメントする