CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 胡蝶庵 - 再び! | main | ポキート! >>
カフェ・ド・カルトン
タイトルを見て、京都のカフェ関係の方々は「え、どこどこ?」と思われたに違いない。

じつはここ、京都ではなく、岐阜市内にあるカフェ。

胡蝶庵を出たあと、予定の電車まで小一時間ほどあったのでタクシーでカルトンまで向かった。

僕と家内がカフェに目覚めた頃、僕らをその道に引きずり込んだ「T市のKさん」のすすめでカルトンへ寄せていただいたのが最初である。
その日は治療院の予約が午後からしか取れず、家内と開化亭で食事をしたあと、「お茶でもしようか」という事になり、「Kさん」に電話でどこかおすすめの喫茶店は無いか問い合わせてみたのだ。

カルトンは岐阜駅からでも歩いて行けるくらいの距離にあり、モダンなカフェだ。ケーキなど、スィーツも充実している。

二度目に訪れたのはなんと!胡蝶庵の仙波さんと真っ昼間っから飲んだくれている時、仙波さんが「チョット休憩してコーヒーでも飲みにいこう!」と言って連れていってくれたのがカルトンであった。仙波さんはここの常連らしい。

三度目に訪れると、もうマスターは僕の顔を覚えていてくれて「やぁ!お元気ですか?」とばかりに迎えてくれた。長い髪を後ろでくくって眼鏡をかけた、どこにでもいそうなヒゲのお兄さんだが、そのじつはなかなかくせ者でありそうだ(笑)。悪い意味ではなく、こだわりの男という意味。



あの日は暑かったので、アイスコーヒーにした。
そして別腹!(笑)ふんわりチーズと柔らかショコラ。これが安い!

胡蝶庵でも、開化亭でも感じるが、岐阜という街はなぜこんなに何でも安いのだろう?

それはおそらく東京と京都の、物価の格差を比べているような感覚なのかもしれない。



フルーツロールもついでに頼んだら手前にはソルベが2種もついている。

思わず「安っす〜〜!!」と声を出してしまった。

肝心のコーヒーは僕が何度も通うくらいでもちろんおいしい!

岐阜市でここ以外、他に喫茶店は行った事は無いが、他に行く必要はないだろうと思わせる店だ…。



| 喫茶店 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://komulog.nakajin.net/trackback/310220
トラックバック